MENU

患者の満足度ばかりを気にしていたら仕事にならない

どこの病院でも看護師が患者に対する接し方を厳しく指導していることでしょう。昔は病院の考え方も今とは異なり、病院に行くと医師や看護師がいて、治療や看護をしてくれる、患者から診ると、病院様様だという考えの患者が多かったような気がしますよね。しかし、医療の多様化、病院の多様化がすさまじく、現在はそのように患者が思うこともほとんどありません。むしろ患者が病気で入院する、看護師や医師はその患者の満足度を向上させるように治療や看護を行って行かないと、患者に選ばれる病院にはならないというような考え方に変化をしてきているのです。

 

そのため各病院も患者に対する接遇やマナーを大切にしているのです。そして時には患者の満足度調査やアンケートなどを行って病院をもっと患者に指示されるような良いものにしようと心掛けているのです。

 

でも働く人にとってはこの満足度ばかりを重視した働きからが凄く負担になることもあるのです。プライバシーや個人情報には十分に気を付けますが、やはり病院は不特定多数が出入りする場所なので、全てにおいて患者の満足できるようなものにできる物でもありません。また処置なども患者の希望する時間などに行ってあげたいのはやまやまですが、そのように患者の思いにしたがって動いているといつまでたっても仕事は終わらないのです。やはり看護師が主導権を握り、患者をうまく誘導することがたいせつだと仕事をしていて感じます。

 

そして最近病院で行われる満足度調査というのも一般化されてきましたよね。どこの病院でも患者がこの病院に満足しているか、どんなことを不満に思っているかを結構重要視してみてるのです。でも重要する人事や医師や看護師の管理職は、やはり現場からは離れた人。私たち現場で働く人間とやはり満足度のとらえ方が異なりますし、納得ができない場合もあるのです。それで満足度をばかりを気にしていると、現場では仕事にならないなと感じることもあるのです。
看護師7